FC2ブログ

蒼色日和

≫2010年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声を殺して

aikoの歌で、こんな歌詞がある。

あなたを好きで 心底愛して
こんなに切ないものなんだって
声を殺して泣きました


アルバムの最初の曲です。
彼氏が「聴いてほしいなぁっていうのを集めた」だか何だかで
iPodのプレイリストを再生したときに
surfrider associationやらNo.13と一緒に聴かせてくれた曲。

aikoはどうして
声を殺して泣いた、と書いたのか。
心底愛して切なくなる、のはなぜか。

どうしてだか分かりませんが
とりあえずこの曲聴いたときに私は泣きました。
共感でしょうか。
ええ、切なくなることだってありますよ。

もういい年した大人なんだから、
子供のように声をあげて泣くこともできない。
後で考えてそれは分かりました。
できれば声をあげて泣きたいのね。
何が解決するわけでもないけど、泣くことによって失う感情もある。
防衛機構としての、「泣く」だったのか、と。
心理学の観点から論じることもできますが、そんなの興ざめだよね。退行ね。

でもね。
心底愛して切なくなる。
こっちは、1人の女として、直感的に分かるのですが、分からない。

想いが伝わらなくて辛いのか。
極限まで近付くことはできても、所詮"1つ"にはなれないことに気づいたか。
分かりあえているつもりでも、完全には分かりあえないからか。
"他者"である事実は覆せないことに絶望したか。
愛情とは何か。大切に思うということは、何か。
ありとあらゆる私の全てを、あなたは受け止めてくれますか?
「あなたに対する私の想いの強さにあなたは気づいてくれないのでしょうね」

…aikoは、自信を失くしたのだろうか?
愛せないとでも考えたのだろうか?
同様には愛してもらえていないとでも考えたのだろうか?



ここなんですよ。
その人の存在が、重要なんです。
その人の持っているものとか、二の次ですよ。いや、大事なことですけど。

「相手のどこが好き?」と聞かれて
「全部」というカップルをよく聞きます。あと「なんとなく」とか「雰囲気」とか。
これはある意味では的を射ているわけですよ。
たとえば顔とか、学力とか、財とかに対する愛でしかないのであれば
それが無くなったり魅力のないものになったりした途端に
その「相手」の「存在」価値というものは、失せてしまうのでしょうから。

beとかseinとかの話は管轄外ですし、もう彼氏に任せます。
ただ、aikoの歌はこういうとこ、ちょいちょい突いてくるから好きです。
あぁもうこんな時間に…いい加減寝ます。
スポンサーサイト

 | HOME |  »

プロフィール

 

Author: 


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。