FC2ブログ

蒼色日和

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜は短し

さて、「夜は短し歩けよ乙女」について書いておこうと思う。
本の題名は知ってるけど、読んだことはなかった。

今のうちに読んでおかないと、来年度から死ぬからなぁ…と思い立ち、
とりあえず半年は退屈しないであろう量の本を買い込んだときの本。



…京大ってこんな人ばっかりなのかな。
京大行きたいと思っていたけど、なんだか男子が濃そうだわ。嫌だわ。

「乙女」は、もうずーっと、ふわふわふわふわしていて、
見ているこちらがはらはらしてしまう。
あぁ、つかまえたい。真っ赤な風船みたい。
だからこそ周りをあれほどまでに惹きつけるのでしょうね。

どうやったらそんな20歳でいられるの?ってくらい。羨ましい。
ゆるっとしたガーリーな服が似合いそう。
あと、お酒しこたま飲んでも暴れたり潰れたりしない女の子、いいよね。


大学生だからこそできる無茶があるとして、
この女の子は
その無茶を「意図的にやっているのではない」ところが魅力だと思う。
初対面の人々に自然に溶け込み、どこへでも付いて行く。
…ハタからみると、危なっかしい子でしかない。

危険な、でも魅力的なことを実行する人は、まぁ少数派だと思いますよ。
やりたいけどできない、だって恐いもん、の人が多いのではないでしょうか。
やりたいけどやらない、しなくても別にどうだっていいし、の人も少なからず。
「少数派に惹かれる」というのは言い過ぎでしょうが
自分に無いものを持っている人には惹かれるものですよ。前述のとおり。

森見さんの文は波のようです。
知らず知らず、結構な距離を移動していた。そんな印象。
あと「幻想」と現実との境界線が見えない。
フィクションだらけの恩田陸さんの本も今読んでいますが、全然違う。
面白いものですね。



ま、リセットは効きませんからね。
これからですね。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://aoirobiyori.blog67.fc2.com/tb.php/128-f4c89c9e

 | HOME | 

プロフィール

 

Author: 


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。