FC2ブログ

蒼色日和

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しばらく放置していた。

先日彼氏とワンピースを観に行ってきた。
マンガを読まない私と、毎週ジャンプを購読している彼氏。
あまりにも私が内容を知らなすぎるということで
ゼロ巻片手にレクチャータイムを1時間ほど取られ
おかげ様で楽しんでくることができました。

麦わらたちの信頼が厚すぎてアツい。
やばいワンピース読みたくなってきたー。

もろもろの感想はmixiのほうに書いたので感想はこれだけにしておこう。






さて今回は何について書きましょうかね。
あぁ最近読み終わったのが、恩田陸のエンド・ゲームです。

これね・・・うーん。
前回の蒲公英草紙は流れてる雰囲気がすごく良かったんだけど、
これは、ちょっと。あんまり批判はしたくないが。

なんかね、中学2年生3年生あたりで
不思議なこと言い出す子、居ませんでしたか。
自分はみんなに聞こえない音が聞こえる、とか
あそこに誰か立ってるよぅ、見えないの?とか
夢と現実の境目がわからなくなってる子とか。
・・・え、居ません?居ませんでした?笑

でね、そういうことを
彼ら彼女らは言葉を濁して話すこともあるわけですよ。
表現できないのはわかるとしても、ね。
「あなたも分かってくれるでしょーほらアレだよアレ」って
押しつけるようにして自分は話をどんどん進めて
それなのにこっちは「アレ」って何の事か全然分かってないよ
ちゃんと説明してよー待って待って話進めないで、みたいな
そういう・・・言葉は悪いけど、イラッとさせるものがあった。

恩田さんだー♪っていう、本を買った最初の気持ちのまま惰性で読んだ。
ちょっと、辛かった。







新しく本を買ったよ!!また買っちゃったよ!!
「物語 数学の歴史 ~正しさへの挑戦~」
やばい、もう。タイトルで買ってしまった。
ライプニッツが哲学者と知って、思わず彼氏と握手した。
ライプニッツは、尊敬していた数学の先生が尊敬していた人だから尊敬している。
ニュートンと同時期に微積を考えた人だけど、
私はニュートンよりライプニッツのほうが偉いと思っている。
dx/dyっていう微分の表記法考えたのライプニッツやからね・・・
ニュートンのやり方だと何で微分するかわからない。
ありがとうライプニッツ。逆微分ができるのはあなたのおかげ。

自宅には「算数大辞典」とかいう名前の本があった。
小学校にあがる前からそれを読み、
小学校から国内屈指のそろばん塾(めっちゃ近所)に通い、
結果、数学は高校になっても得意なままだった。

数学は、私といつまでも切り離せないんだと思う。
その数学の歴史について書いてあるとか。
いやいや読むやろ、普通に考えて。

「算数大辞典」で見知った人が大量にでてくる。久しぶり!!ってなる。
まだ半分ぐらいしか読めていない。読んだらまた上げます。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://aoirobiyori.blog67.fc2.com/tb.php/129-f8a96611

 | HOME | 

プロフィール

 

Author: 


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。